サカミチライフ

サカミチライフ 

神奈川県湘南地区に住む2女の母です。 まじめなこと、くだらないこと、くだらないこと多めで、日々の暮らしをつづります。

【↑↑過去記事一覧はタイトルをクリック!】

プチ新江ノ島水族館気分を味わえる「なぎさの体験学習館」は、完全無料でこれだけ楽しめる!

スポンサーリンク

 

みなさん、「新江ノ島水族館」をご存知だろうか。
そう。我らが湘南エリアが誇る ザ・観光地、江の島、
…エリアにある水族館だ!
(いまいち歯切れの悪い表現なのは、江の「島」内じゃないから)

略して、「えのすい」

ここに、特に子連れで行く場合にオススメの場所がある。
というか、えのすいに入らないんだけど。

「なぎさの体験学習館」
えのすいと、つながってる、
というか、なんだか えのすいの一部になってる施設なのですが、
ここ、お金払わなくても入れるんです。

 

ここに詳しい説明があるよ。
なぎさの体験学習館 | 新江ノ島水族館

どんなプログラムあるのかな〜?って場合は こっちね。 
体験学習プログラム | 新江ノ島水族館

でも、これらを見る限り、どこにも、
実は「なぎさの体験学習館」だけ利用なら 無料!って情報、
載ってないっぽいんですよね。

でも、なぎさの体験学習館のほうの公式HPに行くと

f:id:sakamichi-life:20160602220718j:plain

 

ホラ。無料。
てゆうか、なに、詳しくは新江ノ島水族館の…ご確認ください、て…
完全に えのすいの一部状態ですね(^_^;)

でも、この施設だけ、無料で利用すること、できます。
その場合は、えのすいの入口からは入らない。
別の入口があります。

えのすい前の国道134号線を、もうちょい西に行った、
「片瀬海岸地下駐車場入口」って信号の交差点のとこ。
ここに、なぎさの体験学習館の入口がある。
 

f:id:sakamichi-life:20160610121439j:plain

(画面左側が海側)

 

f:id:sakamichi-life:20160610121604j:plain

(こ~んな入口。植木で看板隠れちゃってるけど)

 

えのすいの中とも繋がっててね、
えのすいに入場したお客さまは、2階でこちらに入ってくることもできます。
もちろん、
無料で なぎさの体験学習館に入館→ここから えのすい入場
は できませんが。

 

f:id:sakamichi-life:20160610122033j:plain

 (外が、新江ノ島水族館)

ここ、えのすいから見ると、確かイルカのショーの場所に行く廊下の途中のとこ。
一旦、なぎさの体験学習館に入って また えのすいに戻ることも もちろん可能。
そういう人には再入場のための券くれます。

ただ、この なぎさの体験学習館、
結構ここだけでもプチえのすい気分を味わえるのよ。

たぶんその理由のほとんどは
ガラス一枚隔てただけで すぐ外が えのすい!って感じなのが、
えのすいのお客さんがぞろぞろ歩いてるのが丸見えるから、
という気がするのですけどもね。

ガラス一枚の向こうは、入場料を払った富裕民のみなさまよ…
と、心の中で貧乏ごっこしてみたりして(卑屈か)。

で、ここだけで何ができるのかっていうと…

まずは1階で工作!
海岸に流れ着いた流木や貝殻、あとなぜかガチャガチャの空きカップ
などの 材料が用意されていて、工作ができます。
その他の自由に使っていい材料も、結構充実!

おかげで平日でも 日によっては大盛況です。
私が行ったのは平日の午後でしたが、
ほぼ満席になりそうなタイミングもありました。

 

f:id:sakamichi-life:20160610123934j:plain

左の台に係員がいて、説明を受けてから開始!
期間によって、工作のテーマがあったりしますが、何を作っても自由です。

 

f:id:sakamichi-life:20160610124046j:plain

こちらはサブの  自由に取って追加してね材料エリア。
このガラス窓の向こうが えのすいです。

 

ちょこちょこ使う材料を自分で用意せずに、
専用の場で片付けもしやすい環境が整ってるので、お母さん的には大助かりですね!
これが、基本的に毎日開いてます。

ウチの子はコレを作りました。

f:id:sakamichi-life:20160616122246j:plain  f:id:sakamichi-life:20160616122316j:plain

くらげ、と、さかな…

・・・・・・。

 

ま、まぁ、いいじゃない! 完成度は人それぞれ!!!
ってゆうかしかもほとんど作ったの私での、コレだし!! (顔描き以外)

 

…ひとつだけ言っておこう。
楽しかったよ!
子供も こんなんだけど なぜかめっちゃ楽しんでた。
だからゆるして。

 

…気を取り直して2階に行きましょう。
 2階に行くとね、こんなのもある。

 

f:id:sakamichi-life:20160610124836j:plain

この小窓のひとつひとつの中に、
この水族館の外の渚にいる小さな生き物が展示されている。

 

他にもいろんな、主にこの水族館のすぐ近くの
海やなぎさについての展示があるのですが、 

 

f:id:sakamichi-life:20160616123241j:plain

(ガラスのすぐ外は、えのすいの入場料を払った富裕民の…
いや、これは校外学習か遠足の子供たちだ) 

 

f:id:sakamichi-life:20160616123002j:plain 

ヒトデもさわれるぜ!!
タダで!

 

ん~。 と、まぁこんなかんじのところなんですが、
(ほんとは2階の展示はもっと色々ある。写真撮んなかったけど)
地味なわりに、楽しめるので、小さな子連れなんかにはおススメ!!
特に、水族館入っても暗いゾーンは怖がったりして全然見られない…
みたいな段階の子には、ココと砂浜で充分な気がしますよ。

デートで水族館行ったつもりがココだけ、っていうのは
おススメしないけどね、どんだけケチだよ!ってね。 
デートの人は水族館の中のクラゲゾーンに行きましょう。

 

f:id:sakamichi-life:20160620121655j:plain

 

ここ、素敵で幻想的な空間作りしてるんだけど、
タイミング悪いと ガキンチョたちが大騒ぎしててムード台無しのこと
ちょいちょいあるから、気をつけて。

それ言うたらココ行け。

www.enospa.jp

 

ここ、結構いいけど行く人そんなにいない気がして、いいと思う。
私は母親と行ったけど(-_-;)、カップルも密着してて楽しげだった。
ここから夕日とか見たらヤバいだろうな~と思う。
私は平日の真っ昼間にシニアと行ったけど!(T_T)

  

・・・・・なんか、すっごい話それたぞ。 

 

子連れ子連れ。無料無料。
そう、なぎさの体験学習館は お財布にもやさしい地元の教育遊びスポット。

実は地元の人でもそんなに知らないような気もする。
私は、藤沢に引っ越して数年してから、
えのすい徒歩数分のとこに住んでる人に
ココに子供を連れて行ってもらって初めて、外から無料で入れることを知りました。
そして地元の子供でココに行きたいような子は
そもそもたいてい年パスを持ってるから、外から無料で入れるかどうかは
あまり重要じゃないのかもしれないけど、
(年間パスポートは入場料約2回分。お得!とりあえず入る)
年パスが切れて更新してない間なんかにちょうどよかったりする。
(例:今回の私たち)

水族館のほうでは最近、館内の展示やショーの解説なんかも聞ける
アプリなんぞをリリースしたそうですが!
4か国5言語だってよ!

「えのすい公式アプリ」 5月19日(木)より公開! 4カ国5言語に対応、お手持ちのスマートフォンで“えのすい”の展示やショーをもっと楽しめる! | 新江ノ島水族館

 

そこまでじゃないなぁ、入場するほどじゃないんだよねぇ
って人は、なぎさの体験学習館、
江の島に遊びに行ったついでにでも、チラッと寄られてみては?

 

それでは、また。ごきげんよう、サカミチでした。