サカミチライフ 

神奈川県湘南エリアに住む2女の母です。 まじめなこと、くだらないこと、くだらないこと多めで、日々の暮らしをつづります。

【↑↑記事一覧はタイトルをクリック↑↑】

迷ったら、やる。 おせっかいは訓練で身につける、経験値の証なのだ。

スポンサーリンク

土曜日の朝、ある場所を歩くと、

思い出すたび猛烈に後悔することがある。

  

数ヶ月前から、次女が土曜の朝に習い事を始めて、その送り迎えをしている。

その日も、次女を送り、ついでにスーパーに寄る… 途中のこと。

 

向かい側から、ちびっこい子供を2人連れた

お父さんらしき人が、歩いてきていた。

その人、胸にパンを4つほど、手でおさえて持っていた。レジ袋に入れず。個包装をそのままで。

結構つらそうに、落としかねない雰囲気で、何よりも疲弊した表情で…

 

そのスーパーはレジ袋が有料なのです。

その人はレジで、「袋は お持ちですか? ない場合は有料ですが。」と言われ、

とっさに「あ、じゃあいいです」と答えたのだろうな… と思いました。

 

ここまでが、その家族が目に入って、すれ違うまでの間に私がした想像。

 

そのまま すれ違い、次の瞬間に思ったことが、

「私、余分に袋持ってるけど?」でした。

 

めっちゃ買う気モードで「ババアカー」(※過去記事参照。一般には ショッピングカーと呼ぶ) を持ってた上に、バッグに常備のレジ袋を数枚しのばせてた。今日はそいつらは確実に使わない。

 

それに気付いたときには、その親子は後方ちょっとそれなりの距離に進んでいました。

 

一瞬、迷った。

向きを変えてまで追いかけて、「よかったらこれどうぞ!」をするか、このまま行くか。

向きを変えてまで追いかけた場合を想像したら、ちょっと怖かった(^_^;) そこまでするか!? って引いた。

結果、そのまま自分の方向に進むことにした。

 

…それから…

帰りに、同じ道を通るときに、思い出し、後悔の念が。

やっぱり そのときはちょっと引くレベル的おせっかいでも、

やっといたほうがよかったんじゃないか?って…

あの親子の家までの道のりはどれだけ近かったのだろう? あの状態はどれくらい続いたのだろう? その間 小さい子どもたちは さらにお父さんを困らせなかっただろうか?

 

いや、てか、そもそも、そんな状態なら子供たち、持つの手伝えよ。お父さん、ひとつずつ持たせるとか工夫しろよ。

 

…いや… やっぱり、

私の 使わないレジ袋 渡すべきだったなぁぁぁぁ?

 

一人で勝手に これだけの苦悩ですよ。

私にとっちゃ、あげて何ら支障ないレジ袋だったのですよ、

それ、あの人にとっては、すごい助かる物になってた可能性高くない?

それだけのことで あの人の疲弊感、

むしろハッピーな日だ感に変わってた可能性さえ、あるのでは?

 

あぁ、

後でこんなにモヤモヤするくらいなら。

 

「えぇっ⁉」って引かれても、

向きを変えてまで追いかけて、「よかったらこれどうぞ!」しとけばよかった!!

 

おばちゃんなるものが  往々にして「おせっかい」なのは そういうことなのか?

おせっかいにも訓練が、経験値が要るんだな。

勉強になった。

今後は、迷ったら、やっとこう。