サカミチライフ 

40代 主婦。まじめなこと、くだらないこと、くだらないこと多めで、日々の暮らしをつづります。

【↑↑記事一覧はタイトルをクリック↑↑】

映画「コンテイジョン」は コロナウィルスのイメージをつかむのに だいぶ有用だと思います。

スポンサーリンク

 

あ〜のね、こんなの目にしたのね。

toyokeizai.net

 

で、観てみた。

 (↓クリックするとamazonに飛ぶよ)

 

リアルだね

何がリアルって、ウィルスにまつわる全てですけど、

一番はやっぱ、「メインキャストとか関係なく感染したら死ぬ」っていう緊張感じゃない? 

都合のよい奇跡が起きたり、ヒーロー的人物が世界を救ったり、しません。

そういう意味でのアメリカ映画っぽさ的なものが、ない。

こんなにアメリカ映画的なキャストが集結してるのに。

そこがよかったです。


ウィルスの感染のしかたとか、もう今のコロナと酷似で、

予言書かな?ってレベルにリアルさの精度が非常に高いと思うんですけど、

(映画の中のウィルスは もっと致死率高くて、感染すると脳炎起こして泡吹いて死にがちな点は違いますけれど)

それって、専門家にとっては、いま現実に起きてることは充分、

2011年の時点でも想定範囲内だった事態だから、ってことなんだろうな〜 と思った。

でも同時に、2011年当時は現実味のない「ありがち感染もの映画」でしかなかったんだろうなぁ。と。まぁ、そうだよねぇ…

 

それにしてもスティーブン・ソダーバーグってすごいですね。

あんなのも、こんなのも、作ってるじゃないの。

オーシャンズシリーズばっか何回も見てる場合じゃなかった…

 

「コンテイジョン」

パニック映画でもホラー映画でもないです。

今となってはリアル映画。

見て損はないと思う。

おすすめ。